費用を考えて計画を

住宅購入の際に大切なのは人との比較ではなくしっかりとした計画

住宅を購入する際には数千万円程度の費用が必要になります。とはいえほとんどの人にとって住宅建築は初めての経験です。ですから漠然と高額な費用が掛かるのだということはわかっていてもどのくらいの費用が必要かという具体的な価格に関する知識がないのです。こうした場合に他の人がどのくらいの費用で住宅を建築したのかを参考にしようと相場や平均価格などがよく調べられます。しかしこうした価格はあくまでも参考に過ぎません。特に注文住宅の場合相場価格から数千万円単位で費用が上下することも少なくありません。 注文住宅を建築する際には人と比較するのではなく自分たちの資金計画、ライフプランニングを明確に綿密に建てることで無理なく返済できる金額を算出しローンを組むことが大切です。

住宅の坪単価と材料費

注文住宅の中でも最近ではローコスト住宅や超ローコスト住宅と呼ばれる住宅も登場しています。こうした住宅は30坪程度の住宅を一千万円台、あるいはそれ以下の価格で建築することができるのです。しかし勿論低価格で建築できるのには理由があります。こうしたローコスト住宅で建築されている注文住宅のほとんどは木造です。というのも木材というのは品質によって価格に大きな幅があるのです。鉄骨や鉄筋コンクリートの場合はどんなにこだわりが異なっても設置する設備が異なっても同じ量の材料を使用した場合材料費は同じくらいです。しかし木材の場合同じ量の木材を使用した家でも品質によって倍以上材料費に差が出るのです。ですからローコスト住宅の多くはコストに見合った低価格の木材を使用して住宅を建築しているのです。とはいえ必ずしも木材の価格と住宅の価格が比例するわけではありません。中にはローコスト住宅でも品質の良い材料を使用している会社もあれば坪単価が高い建築会社でも木材の質の低いものを使用している会社もあるのです。なぜその価格なのかという説明を求め納得して購入することが大切です。